[櫻坂46]AAA人気投票実施中!日本のアイドルファン皆の力を貸してください!!やり方はこちら!!

P乃木坂46 パチンコを初めてやろうと思う人に贈る記事。遊び方など。

乃木坂46のパチンコが2021年11月8日に導入開始

かねてより噂が出ていた乃木坂46を題材にしたパチンコ台が11月に導入開始されることが決定しました。

パチンコの情報番組で試打の様子なども放送されており、実際にプレイをしようと思っている方は多いかと思います。恐らく、今までパチンコには興味がなかったが乃木坂46が題材ならやってみようかな?と思われる方も多くいらっしゃると思います。

この記事は、そんなパチンコ未経験の方に贈る記事です。パチンコというものがどういうものなのか。もし遊ぶ場合は、どうやって遊べば良いのかについて解説します。

初めに:パチンコはギャンブルです。オススメしません。

前提として、あの坂はパチンコの未経験者がパチンコをやることをオススメしません

パチンコは紛れもなくギャンブルで、中毒になってしまう人・身を崩してしまう人が出てしまう遊びです。

特に、乃木坂46のファン層を考えると大学生~社会人歴の浅い若い方も多くいらっしゃると思います。そういう人がパチンコ(+パチスロ)にハマってしまうと、せっかくのお金・時間を無駄にしてしまうことになります。(パチンコ業界としては、勿論そういう新規ユーザーを取り込みたい目論見もあって乃木坂をタイアップするわけですが)

ギャンブルなので、時折はお金が儲かることもあります。ただ、それを長期的に続けることはとんでもなく難しいです。多くのパチンコファンは総収支でマイナスになっていて、プラスを出せている人はほんの一握りです。

そんな一握りの人も、かなりの時間をかけて知識を溜め込み、台選びの方法を学び、そして実際にパチンコをプレイする時間を捻出してやっとプラスにしています。最近はパチンコ業界の不景気もあり、全体的な返し自体が悪くなっています。時給換算すると一体いくらになるのでしょう?

管理人自身、初めて本格的にパチンコに触れたのは大学生の時でした。大好きだったうる星やつらのパチスロ台の演出にハマり、時間さえあれば打ちに行っていたのを覚えています。それから社会人になり、一人暮らしの手持ち無沙汰な時間に近所のパチンコ屋に行っては負ける日々。もう今度こそ止めようと思っても、時間が経つと「まぁ給料も入ったし、ちょっと行くか…」のように流されてしまう。恐らくパチンコ中毒に片足を突っ込んでいたと思います。

幸い、他の趣味や生活環境の変化によって自制心が働くようになり、今ではほぼ行かない&行っても適度な距離感・金額で楽しめるようになりましたが、当時感じていた自己嫌悪感、お金と時間を無駄にした喪失感はよく覚えています。

長々と書いてしまいましたが、パチンコというのはそういう危険なギャンブルです。なので、もしかしたら儲かるかも?というような甘い考えは捨ててください。もしやるのであれば、時間とお金を必ず失うものだと理解して、自制心を持って遊ぶことをオススメします。

パチンコの遊び方 店選び~入店、遊び方まで

ここからは、それでも乃木坂46のパチンコ台を打ちに行きたいんだ!という方に向けて、パチンコ店での遊び方を簡単にお伝えします。

最初に書いておきますが、18歳未満は入店自体が禁止されています(18歳であっても、高校生はだめです)。年齢を偽って入店・遊戯が出来たとしても、バレたら没収・最悪警察沙汰になります。止めておきましょう。

店選び

さて、まずパチンコ店を探すところからです。打ちたいパチンコ台がどの店舗に入っているかは、P-WORLDというサイトで探すことが出来ます。乃木坂46の台の導入台数は2万台規模とのことなので、恐らく殆どの店舗に導入されると思いますが、導入開始されたら調べてから来店しましょう。

本当はちゃんと出玉を出す(=客に還元する)店を選ぶべきですが、最初は適当に最寄りの店とかで良いかと思います。

入店

パチンコ店を選んだら、実際に来店して目当ての台を探します。殆どの場合、入口付近に台の配置を書いた立て看板があるので、それを参考に探しましょう。

台選び

目当ての台を見つけたら、空席かどうかを確認して着席します。

既にパチンコ玉やタバコの箱、離席札が置いてある場合には先客がいることになりますので着席してはいけません。最悪トラブルになるので、気をつけましょう。

また、パチンコでは玉のレートが設定されています。1玉1円~4円までの設定があり、台の設置場所によって異なるので注意しましょう。基本的に大きな旗などでその並び(シマといいます)のレートが提示されています。

少ない軍資金で遊びたいなら1玉1円のレート(1パチ)を、ギャンブル性を楽しみたいなら1玉4円のレート(4パチ)を選ぶと良いです。

実際に台を選ぶ際には、釘の開け具合や店の癖などを考える必要がありますが、熟練を要するため、最初のうちは適当に座れば良いです。

打ち始め

パチンコ台に座ったら、お金を入金します。”サンド”と呼ばれる、お札を入れるための装置が座った台の左側に設置されているので、それを利用しましょう。(自分の席の左側が自分のサンドです。右側は別の人のものなので、間違って使わないように)

お金を入れると、自分の座っている台に入れた金額が表示されるので、玉貸というボタンを押します。これを押すと、パチンコ玉が自分の台にジャラジャラと流れ込んできます。

ここからが、パチンコのスタートです。

打ち方

基本的に、パチンコでやることは台の右側にあるハンドルを捻って玉を打ち出し、台の真ん中にあるヘソ(スタートチャッカー)に入れることだけです。

ヘソに玉が入ると当たりか外れかの抽選が行われ、その結果によって演出が決定、デジタル画面に結果が表示されます。

なので、実際に打っている間やれることはほとんどありません。ヘソに入れておける玉数は4つまでと制限されている(保留)ので、それを超えないように打つのを止めたり、また打ち出したり、とするくらいですね。

運良く当たったら、打ち方を変える必要がありますが、この辺りはパチンコ台が音声でも教えてくれるのでそれに従えば問題ないです。

(P乃木坂46に特化した打ち方は、導入後書いてみようかと思っています)

パチンコの遊び方 大当たり~景品交換

大当たりしたら?

パチンコで大当たりをすると、先程まで打っていたパチンコ玉がパチンコ台から大量に吐き出されます。

パチンコ玉はまず上皿(打つためのパチンコ玉が溜まっているところ)に吐き出され、そこに入り切らない分が下皿(当たったパチンコ玉を一時的にためておけるところ)に吐き出されます。下皿はボタンを押すことで底に穴が開くようになっており、ドル箱か自動計数機(自動で球数をカウントしてくれる装置)に移動させることが出来ます。

下皿の玉がたまり過ぎるとパチンコ台から玉を抜くように警告されるので、大当たり中は定期的に確認してあげると良いです。

ドル箱の場合

ドル箱の場合、ある程度溜まったら店員さんを呼ぶことで新しいドル箱に交換してもらうことが出来ます。

店員さんを呼ぶ際には、台の上にある「呼び出し」というボタンを押しましょう。一度押せば呼び出しモードに変わって、店員さんが来るまで呼び出し続けてくれます。(駆けつけた店員さんが解除してくれます)

店員さんはドル箱を席の後ろに下ろし、新しい空のドル箱を手渡してくれます。まだ玉が出るようであれば、この新しいドル箱に入れましょう。

なお、先程開けていた下皿は必ず閉じてから交換しましょう。そうしないとパチンコ玉が地面に落ちてしまい、大迷惑をかけてしまいます。

自動計数機の場合

自動計数機の場合、自動で台の横にある機械に玉が入っていき何発出たかを確認できるようになっています。

打ち終わったらカード返却ボタンを押すことでパチンコ玉のデータが入った換金用のカードが出てくるようになっています。終わる時には忘れずに取るようにしましょう。

球数の計測

ある程度楽しんだ or 軍資金がなくなったら撤退しましょう。

パチンコ玉が残っている場合(打ち残しや大当たり分)には、まず玉数の計測をする必要があります。

ドル箱の場合

ドル箱の場合には、店員さんを呼び出して終了の旨を伝えます。すると店員さんがドル箱を持って計測機に移動するので、ついていきましょう。

店員さんが計測機を利用して玉を数えた後、球数が記載されたレシートを手渡してくれます。後ほど商品と交換する際に必要になるので、絶対になくさないようにしましょう。

自動計数機の場合

自動計数機の場合は、取り出したカードが上述のレシートと同じ役割になります。

サンドに入れたお金が余っている場合

また、サンドに入れたが使っていないお金がある場合は、返却ボタンを押してプリペイドカードを受け取ります。このプリペイドカードには残金の情報が入っており、店内にある精算機で現金に変えることが出来ます。

取り忘れることが多いので気をつけましょう。

景品との交換

レシート、もしくは自動計数機のカードを取ったら、カウンターに向かって景品と交換します。

ここで、覚えておきたいのが「パチンコ店では現金への交換は行っていない」ということです。

パチンコ店で現金に交換する場合には、現金交換用の景品(特殊景品)に一度交換する必要があります。(その景品を持って、現金に交換してくれる別の店舗に移動する必要があります)

基本的に、黙ってレシートを渡せばこの特殊景品に交換してくれるので、特に客側でやることはありません。特殊景品を受け取った後、余った玉数を教えてもらえるのでその分を安いお菓子に変えるくらいですね。(現金交換は1000円からとなっており、それ未満の玉はお菓子などに交換する必要がある)

パチンコの遊び方 現金への換金

景品交換所を見つける

ここからが、パチンコ遊びの負の部分、現金への換金方法です。

前述の通り、パチンコ店本体ではパチンコ玉と現金との交換は行っていません。それを行うのが、パチンコ店と”無関係の”景品交換所と呼ばれる施設です。(どうしてそんな面倒な形を取っているかというと、法律やら色々絡んできて面倒くさいのでここでは割愛します)

まず、パチンコ店ではこの景品交換所の場所を直接教えてくれることはありません。特殊景品を受け取ったらそこでおしまいです。そのため、自分で探す必要があります。

店舗によっては敷地内に交換所を構えているところもありますが、基本的には店舗外に設置されています。

多くのパチンコ店では「T・U・C SHOP」という景品交換所で現金に変えてくれるので、場所がわからなかったらGoogle MAPなどで検索して向かいましょう。

ちょっと裏技 店員に景品交換所の場所を聞く方法

探せるか自信がない時使える裏技として、店員にそれとなく聞く、という方法があります。その魔法のフレーズが「皆さん、どちらから帰られます?」というものです。

客が帰る方向=景品交換所のある方向ですよね。店員もそれを分かっているため、殆どの場合大体の方向を教えてくれます。景品交換所の場所を直接聞くととぼけられてしまいますが、これならかなりの確率で聞き出すことが可能です。

↓こちらの動画の序盤でも語られてますね。

景品交換所で換金する

景品交換所についたら、窓口に特殊景品を入れます。すると窓口の中で計測を行って、現金で返してくれます。

一つ注意点は、立ち去る前に必ず金額が合っているかを確認しましょう。その場を離れた後は、どんな理由があっても金額の不足などに取り合ってくれません。

また、景品交換所は店舗によっては休憩時間で営業していない場合があります。大体1時間くらいなので、その場合は時間を潰してから再度訪れましょう。

最後に。節度を持って、自己責任で遊びましょう

以上、長々と書きましたが初心者向けパチンコの遊び方解説記事でした。

最初に書いたとおり、パチンコはギャンブルです。人によっては身を滅ぼすこともある危険な遊びです。

自制心が弱い人は勿論、自分は自制心があると思っていてもハマってしまうのがギャンブルの怖いところです。少しでも不安な人は、遊ばないようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました