日向坂46冠番組「日向坂で会いましょう」の見逃し配信視聴方法とは?

2021年4月現在、ひなあいの地上波放送は関東圏のみ

坂道シリーズ三番組の中で、最も遅い時間帯(月曜 1:05~1:35)に放送している「日向坂で会いましょう」、通称ひなあい。

2021年3月末をもって、関東圏(テレビ東京放送圏)以外での放送は終了となってしまいました。

これは、2021年4月からのひかりTVでの見逃し配信開始による影響で、本放送(テレビ東京)&見逃し配信(ひかりTV)という構成になるようです。

しかし裏返せば、これまで放送地域外で見れなかった地域のおひさま(と、その予備軍)が番組を見ることが出来るということで、視聴者層の拡充には広がったはず!

そこでこの記事では、見逃し配信の視聴方法をまとめてみました。

日向坂で会いましょうの見逃し配信はひかりTV or dTVチャンネル

現在、日向坂で会いましょうの配信はひかりTVとdTVチャンネルの独占配信となっています。
(ネット限定配信のひなちょい Season2も同時配信されます)

厳密には、ひかりTVでオリジナルの配信がされており、dTVチャンネル内の「ひかりTVチャンネル」でもその放送が視聴出来る、というイメージですね。

テレビサービスは毎週土曜22:30(初回配信)から、見逃し配信は毎週月曜16時からとなります。(ひかりTVでもdTVチャンネルでも同じ)

ひかりTVとdTVチャンネルの違いについては、以下の通りです。

ひかりTV

https://i0.wp.com/www.hikaritv.net/resources/hikari/pc/images/ch_logo/ch220/101.png?w=1256&ssl=1

ひかりTVはNTTぷららが提供する配信サービスです。決まった時間に番組が放送されているテレビサービスと、映画やドラマ、過去の配信番組などが好きなタイミングで見れるビデオサービスなどが提供されています。

閲覧には以下が必要です。

  1. ひかりTVを配信可能な光回線の契約
  2. ひかりTV自体の契約
  3. チューナーの設置(オプション)

光回線の契約

光回線は、NTTが提供する光コラボレーション事業者の回線(例:ぷらら光、ドコモ光、OCN光など)かフレッツ回線、もしくは提携プロバイダの回線サービスへの加入が条件です。(最新の条件はこちらのページをご参照ください)

提携プロバイダはNUROやOCN、BIGLOBE、So-netといった大手は一通り提携しているようですね。

ひかりTVとの契約

どの料金プランを選択してもひかりTVチャンネル(テレビサービス)は閲覧可能で、最低月額料金は1100円(税込み)からとなります。

チューナーの設置(オプション)

最後に、チューナーの設置です。

これはひかりTVチューナー機能に対応しているテレビなら不要です。
未対応のテレビの場合チューナーを別にレンタルして設置する必要があります。

ひかりTVチューナー機能に対応している機種かどうかはこちらのページで確認できます。

ひかりTVは、導入開始までのハードルが若干高い点が難点。一方で、一般のTVに接続するため、録画が可能なところがメリットです。

dTVチャンネル(ひかりTVチャンネル)

dTVチャンネルはdocomoが提供する配信サービスです。ひかりTVと同じく、決まった時間に番組が放送されるテレビサービスと、その見逃し配信サービスが提供されています。

このテレビサービスの中の一つのコンテンツとして、ひかりTVチャンネルの番組が放送されている「ひかりTVチャンネル+」があるという感じですね。

※同じくdocomoが提供するdTVとはサービスが異なるのでご注意ください。

dTVチャンネルとの契約

こちらはネット配信のサービスなので、契約すれば今すぐに視聴開始できるところが手軽です。

一方で、ひかりTVのようにチューナーに接続するといったことはしないので、録画が不可な点は要注意です。

月額料金は858円(税込)です。

ひなあいの見逃し配信方法まとめ

まとめると以下のようになります。

ひかりTVdTVチャンネル
月額料金1100円~858円
導入の簡単さ
(光回線+チューナー)
録画機能X
見逃し配信
テレビサービス毎週土曜22:30
(初回配信)
毎週土曜22:30
(初回配信)
見逃し配信開始日毎週月曜16時毎週月曜16時

録画がしたいならひかりTV、そうでないならdTVチャンネルという感じですかね。

ひかりTVに対応していないプロバイダを利用している人も、dTVチャンネル一択になるかと思います。(このためにわざわざプロバイダを変えるのは敷居が高そう…)

日向坂46はライブ配信もひかりTV限定で行ったり、かなり連携を強めてきていますよね。

地方勢で冠番組をちゃんと視聴したい人はもちろん、関東勢の人も今後加入が必須級になるかもしれません。
(違法動画での視聴はメンバーに何も還元できないので、真のおひさまなら止めましょうね…!!)

以上、ひなあいの見逃し配信方法を紹介しました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました