スポンサーリンク

日向坂46 佐々木久美 日向坂への思い、キャプテンの役割で考えることを語る。セルフ Documentary of 日向坂46 書き起こし

書き起こし
スポンサーリンク

セルフ Documentary of 日向坂46の書き起こし、佐々木久美編その1

高本彩花編その4はこちらから!

セルフ Documentary of 日向坂46 の第一回、中盤はメンバーの高本彩花・東村芽依による佐々木久美へのインタビューからスタートしました。
その中で、佐々木久美が日向坂46に対しての思い、キャプテンとしての責任感とメンバーへの思いについて語りました。

高本彩花 佐々木久美 東村芽依 インタビュー全文書き起こし

キャプテン・佐々木久美にとっての日向坂46とは

(東村芽依) あなたにとって、日向坂46とはなんですか?

(佐々木久美) 日向坂とは。…でも、人生の一部っていう感じ。なんか恥ずかしい 笑 臭いこと言っちゃった 笑
でも、日向坂になってなかったらこんな人生絶対歩まないから。だって二人にも絶対に出会わないもん。

(高本彩花) そうだね。絶対…出会わん

(佐々木久美) 絶対出会わないよ。でもこんなに一緒にいて楽しい人にさ、なってなかったら出会えなかったってさ、ほんとに入って良かったなってすごい思う。絶対に一生、なんか仲良くしてくんだろうなってさ、もうすでにわかるじゃん。そういうのもなんか人生だなって思う。

(高本彩花) みんなに出会えてよかったなって、すっごい思うもん。

(佐々木久美) そう、だから、なんかちょっと悲しいこととか辛いことあっても、みんなと一緒だしっていう風に思えるし。だから私にとって日向坂は本当にみんながいる場所って感じ。
…泣いてんじゃん 笑

セルフ Documentary of 日向坂46 第一話 より

(東村、涙する。一時中断)

(佐々木久美) 泣かないで、インタビュアーさん 笑 泣かせちゃった 笑

(高本彩花) めいめい、すぐ泣いちゃうんですよ 笑

(佐々木久美) そうなんですか 笑

キャプテンという役割で辛いこと、辞めたくなったこと

(高本彩花) キャプテンという役割で辛いことは?辞めたくなったことは?

(佐々木久美) 辞めたくなったこと?キャプテンをってこと?

(ナレーション)グループを支えるキャプテンには、こんな哲学があります。

(スタッフインタビュー時の佐々木久美)みんながちょっと元気がない時とかは自分が先頭に立って、みんなの勢いがあるときは、後ろから支えられたらいいかなっていうふうに思ってます。

(ナレーション) 2年前の夏、プロ意識にかけるメンバーたちに対して感情をあらわにしたことも。

(二年前の佐々木久美) 悔しくないの?みんな。やばいよほんとに。危機感なさすぎるしさ。まだメイク終わってない子だとか、確認もちゃんとしてない人とかいるしさ。ほんとにもっと危機感もってやらないとやばいって。何も考えずに出来るくらい、確認したほうが良いしさ。…だからもっと頑張ろ。

セルフ Documentary of 日向坂46 第一話 より

(佐々木久美) 今までそういう役割として生きてこなかったから、結構素に戻った時に、「なんで私だけ」みたいに思っちゃう時はたまにあるんだけど。大人の方から「今あなた達こうだよ」みたいな言われることとかもすごい、言ってくださることも多いから、「なんで私にだけ言うんだよ」みたいなちょっと反抗期みたいになっちゃう時もあるけど、でもやっぱりそういう役割を任されてるって言うのはすごいありがたいことだし。みんなが居心地のいい場所を作りたいって言うのすごい思うから、辛いっていうのはあんまりないかも。みんなすごいだって支えてくれるし、自分の性格上、キャプテンに向いてないなって思うことは結構あるけど、でも辛いって思ったことはない。キャプテンを辞めたいと思ったこともない。

セルフ Documentary of 日向坂46 第一話 より

(高本彩花) すごい。

(佐々木久美) 実際、「私キャプテンしてるな」って思うこともあんまりないから 笑

(高本彩花) キャプテンになる前となってからってかそんなに変わんないもんね

(佐々木久美) うーん、まあそうだね。でもなんか、キャプテンらしい役割にZeppのツアーの途中ぐらいからそういう役割を任されるようになって、その時は凄い抵抗があった。
なんかMCとかも全部私が考えて、流れを覚えてって全部その演出家の方も「久美!!」って、絶対私に言ってくるから、それがすごい嫌だったの最初は本当に。もっとみんなに役割分担すればいいのにとかもすごい思ってたんだけど。だけど、それを私はちゃんとこういうことができると思って任せてくれてるんだっていう風に思った時に、私はこのグループの中で私ができることはこう役割なんだっていう風に思って。
やっぱり、みんなね。おたさんはスタイルが良くて、モデル向きで、なんか笑顔も可愛いし、めいめいも目がキラキラしててダンスが上手でっていう風に役割があるのに、私だけないって思ってて。…泣いちゃう。

セルフ Documentary of 日向坂46 第一話 より

(少し涙ぐむ)

(佐々木久美) なんか全然人気もないし、自分だけそういう強みがないって思ってたから。そういう風に、キャプテンって期待して貰えてるのがわかったときに、私はこの役割を最後までちゃんと全うしようって思えて。嫌だとかも思わないし。ちゃんとみんなのために、このグループに貢献できるように頑張りたいなって。みんなが担ってる役割の一つが、私のキャプテンっていう役割かなって思ってるから。
あんまり辛いとか、なんか泣きながら言ったら本当はつらいんじゃないのって思われちゃうかもしれないけど 笑
本当に辛くないし。みんなすっごい支えてくれるし、なんか私が不安になっても大丈夫だよってすぐにみんな褒めてくれるから、私はキャプテンなれて良かったなって。

(高本彩花) ずっと、久美は本当にすごいし、自分には全くできないことをずっとやってもらっちゃってるから、自分は何もしてなくて、久美だけすごいいつも辛い部分とか見てたから。MC で悩んでる時とかさ、久美の辛い部分とかいつも見てた時期に、自分は何もできてなかったなんてすごい思って。
久美が本当に頼れるキャプテンだから、久美がいる時の安心感も凄いし。久美がいない時の不安感も本当に今でもすごいから。でもそれで自分でもよくないなと思うけど。久美の存在の大切さっていうのは結構感じるっていうか、すごいよね久美は。自分じゃ絶対できない。
辛いこともなくできるのは本当に凄いと思うし、久美がキャプテンになってくれたから、こういうグループになれたんだなって思うし。こっち側から見ててだけど、何でもできちゃうなって思うよ。素晴らしいキャプテン。久美がキャプテンになってくれてほんとよかったと思うよ。

(佐々木久美) ありがとう。

(高本彩花) めいめいは?

(東村芽依) いつも助けてもらってます。

終わりに

キャプテンという責任と重圧の中でも、しっかりメンバーをまとめ上げてて凄いですよね。バラエティーでも積極的に前に出ていくし、屋台骨だなと感じます。
自分で自分のことを「人気がない」と言っていたけど、ちゃんとそういう姿を見てファンはついて言ってるよ、と伝えてあげたいですね。

佐々木久美編その2はこちらから!

コメント

タイトルとURLをコピーしました