スポンサーリンク

日向坂46 佐々木久美 日向坂の強みと弱み、グループの目標を語る。セルフ Documentary of 日向坂46 書き起こし

書き起こし
スポンサーリンク

セルフ Documentary of 日向坂46の書き起こし、佐々木久美編その2

佐々木久美編その1はこちらから!

セルフ Documentary of 日向坂46 の第一回、中盤はメンバーの高本彩花・東村芽依による佐々木久美へのインタビューからスタートしました。
その中で、佐々木久美がキャプテンとして思う日向坂46の強みと弱み、グループの目標について語りました。

高本彩花 佐々木久美 東村芽依 インタビュー全文書き起こし

キャプテンが思う、日向坂の強み。がむしゃらに頑張り、笑顔を絶やさないところ。

(高本彩花) キャプテンが思う、日向坂の強み、そして弱みとは?

セルフ Documentary of 日向坂46 第一話 より

(佐々木久美) 強み…っていうか、これが私たちの強みにしたいなって思ってるのは、前向きなところとか、何でもさぁ、うちらってさ、とりあえずがむしゃらに頑張るじゃん。
それって他の坂道グループの方は見せてない所っていうかな、乃木坂さんは綺麗で華やかでっていうイメージ、漢字(欅)さんはかっこいいっていう感じだけど、私たちは、がむしゃらに頑張る。それが応援したいっていう気持ちにつながる、みたいな。そういうグループかなっていう風に思ってるし、みんな絶対に最後まで笑顔を絶やさないじゃん。そういう、何かつらいことがあった時も、このメンバーなら乗り越えられる気がするってみんなが思ってるし、終わった後に笑ってない人っていないじゃん私たちのグループって。そういうところがすごい強みかなって思うし、それをもっと、世の中人に広めていきたいなっていう。それが私たちの売りになって、それが自分達のカラーになってたら、もっとグループとしても成長していけるんじゃないかなっていう風に思う。

セルフ Documentary of 日向坂46 第一話 より

キャプテンが思う、日向坂の弱み。流されやすいところ。

で、弱みは…結構みんな流されやすいと言うか 笑
やっぱり誰か一人でもほころんじゃうと、そこからそれが伝染してちゃったり。ちょっとみんな…なんだろう、流されやすくて、目標を見失いやすい所があるけど、完璧なグループとか人っていないと思うから。そういうところがあってもいいと思う。それを誰かが補ってメンバーで助け合っていけるなら私はそれでもいいかなと思ってるから、弱みではあるけど、なんかそんなに…そんなに深く考えることではないかなって思います。

グループの目標

(高本彩花)キャプテンは、グループの目標はなんだと思う?

(佐々木久美) グループの目標?みんなやっぱり…目標って言うと…なんだろう。
紅白に出たいとか、東京ドームでやりたいとか、そういうの求める・求められるって言う、そういう気がするんだけど。なんかそれを目標にするところまでまだ行き着いてないっていう風に思うから、なんかそれを胸を張って言えなくない?今。東京ドームでやりたいですとか。
もちろんやりたいけど、それが今一番の夢かっていったらそうじゃないし。そういうことを胸張って言えるところまで行き着くのが今の目標。でもなんか、そこに行くのってすごい難しいと思って。みんなそれぞれそこに行くまでに壁があると思うし、グループとしての壁もあると思うし。そういうところで誰かがいなくなっちゃったりってのもすごい嫌だから私は。
そういう人が出ないように今いるメンバー全員で行き着くのが目標です。

終わりに

強みは本当にこのがむしゃら感、笑顔感ですよね。けやき坂としてある種苦汁を舐めてきたからこそ、それを感じさせないパフォーマンスを披露してくれるメンバーは芯が強いなと感じます。
キャプテンはまだ東京ドームを目指すと胸を張って言えないと言っていますが、この後ひなクリ2019にて2020年の東京ドーム公演が発表されました。自信がなくても、この1年間がむしゃらに頑張って最高のライブにしてほしいですね。

東村芽依編その1はこちらから!

コメント

タイトルとURLをコピーしました